謎の彼女X(6)

著:植芝 理一
定価 : 本体571円(税別)

キスはダメ。それ以上なんてもってのほか。でも、椿明と卜部美琴は恋人同士。唯一らしいことと言えば、日課として卜部の“よだれ”をなめることだけ―。どこか奇妙、でもどこまでも純粋な二人の恋愛模様。『ディスコミュニケーション』『夢使い』、一筋縄ではいかぬ「恋愛マンガ」を描かせれば当代随一! 植芝理一が描く、すべてが謎に包まれた“正体不明”の恋愛マンガ!!



椿の級友・上野が風見台駅で痴漢をハイキックで失神させる卜部を見たという。半信半疑の椿は放課後コンビニで卜部と遭遇するも、何かヘン。あげくの果てにハイキックでKOされてしまう。そこへ現れたのはなんともう一人の卜部! 実はハイキック卜部は、かつて椿が写真集を買った、あの卜部そっくりアイドル・今井百夏だったのだ! 「あんたアイドルになりなさいよ」。百夏は卜部にトンデモない計画を提案するが……!?

謎の彼女X(6)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。