天の血脈(4)

著:安彦 良和
定価 : 本体629円(税別)

明治三十六年、満洲と朝鮮の国境付近に日本から「好太王碑」調査に訪れた安積亮は、ロシア兵に捕らわれたが脱出に成功。現地で出会い心を通わせたハナという女性と分かれるも、親のはからいで諏訪大社の巫女・翠と祝言をあげた。そして日露戦争が始まり一学生といえど国家の思惑に翻弄される中、安積は四世紀末・神功皇后の時代の夢を見る。確かに神功皇后の渡海はあったのだと。そして皇后の子の父親とは――。

天の血脈(4)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る