蹴球少女(10)<完>

著:若宮 弘明
定価 : 本体552円(税別)

男女混合で出場可能な公式戦・高円宮杯に出場することんあった栖鳳は、順調に勝ち進み因縁の相手・沖田が所属する鳳FCとの決戦を迎える。1点を追う劣勢の中、全く存在感がなかった影山怜士郎が活躍し同点に追いつくが、すぐさま沖田に逆転のシュートを決められてしまう。沖田の天才的なプレーに翻弄されたユーキに勝機はあるのか? 後半戦、栖鳳学園の逆転に向けた執念の戦いが始まる完結巻―――!!

蹴球少女(10)<完>

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。