進撃の巨人ゲームブック ウォール・ローゼ死守命令850

著:藤浪 智之 原作:諫山 創
定価 : 本体720円(税別)

読者が第104期訓練兵の一員となって、進撃の世界を体感するゲームブック。「第104 期訓練兵団」の一員となったきみは、850 年、ウォール・ローゼ(第二壁)南端の最前線「トロスト区」へ配属されたところ「五年ぶりに登場した超大型巨人」率いる巨人たちの襲撃に対して戦うことになります。さあ、絶望が支配する進撃の巨人の世界へ、ようこそ。エレンやミカサ、リヴァイとともに巨人に立ち向かえ!

きみは、第104 期訓練兵団の一員だ。長く苦しい訓練を経て、先日解散式が終わった
ばかり。人類防衛の最前線たる、第二壁ウォール・ローゼ南端のトロスト区の街にいる。
明日には配属兵科の希望を申請し、いよいよ正規兵となるのだ。訓練はつらく厳しかったが、同期生はいいヤツばかりだった。巨人を駆逐すると息巻く熱血なエレンや、飛び抜けた身体能力のミカサ、身体は細いが頭のいいアルミン……。マルコやライナー、アニは頼りがいある戦友だ。同じ部隊になれると嬉しい。おバカなコニーや食い意地のはったサシャも面白いヤツだった。性格の悪いジャンや、バカップルのハンナとフランツにはいつも辟易したものだが……これ
で別れになると思うと、少し寂しくもある。
きみは巨大な壁の上で、同期の仲間と共に固定砲台を整備しているところだ。頼もしい人類防衛の兵器。壁上にいる兵士たちは「立体機動装置」と、強靭な対巨人剣“スナップブレード”装備している。もちろんきみもだ。激しい訓練の日々のおかげで、この装備を使いこなし、きみも空中を縦横無尽に機動する術を身につけている。きみは思う。たとえ巨人がまた襲ってきたとしても、今度こそ負けることはあるまい。頼もしい同期の仲間たちが正規兵となれば、各地で活躍するだろう。いや、失われた領土を奪還することだってできるはずだ!きみは広い空の下に広がる、壁外の地平を見ながら、胸に広がる希望を感じていた。
――突然。
前触れもなく、超大型巨人が出現したのは、そのときだった。固定砲台群はあっけなく薙ぎ払われ、壁の開閉門は粉砕された。人々が住む市街へと、巨人たちがぞくぞくと侵入してくる。五年前の惨劇と同じように……。きみたちは、配属兵科も決まらぬまま実戦へ投入されることになった。きみは――訓練と実戦がまるで違うことを、思い知ることになる……。

進撃の巨人ゲームブック ウォール・ローゼ死守命令850

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る