僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。3

著:赤福 大和 イラスト:朝倉 はやて
定価 : 本体620円(税別)

夏休みを控えた七月。オタク活動を満喫するかと思われた耕介だが、彼は東雲と愛沢が傍にいるだけでドキドキするようになってしまい、部活どころではない日々を送っていた。そんな耕介に、愛沢が恋愛経験値を高めるために海水浴デートをして欲しいと言いだす。天虎たちも誘って東雲の別荘に行く計画を立てる中、学年で不良と名高い少女・九重紫月が文芸部を訪れ、知り合いの海の家を手伝って欲しいと依頼してきたが……!?


文化祭を終え、夏休みを控えた七月。呪い事件を解決して平和を取り戻した文芸部で、オタク活動を満喫するかと思われた耕介。だが、彼は東雲と愛沢が傍にいるだけでドキドキするようになってしまい、部活どころではない日々を送っていた。そんな耕介に、愛沢が恋愛経験値を高めるために海水浴デートをして欲しいと言いだす。天虎たちも誘って東雲の別荘に行く計画を立てる中、学年で不良と名高い少女・九重紫月が文芸部を訪れ、知り合いの海の家を手伝って欲しいと依頼してきた。宿も提供してくれるとのことなので了承する文芸部一同だが……!? 「ねえ耕介。えっち、しよっか?」真夏のビーチは波乱がいっぱい!? ビッチ×オタクの学園ラブコメ第三弾!

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。3

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る