僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。10

著:赤福 大和 イラスト:朝倉 はやて
定価 : 本体620円(税別)

耕介は伊吹と別れて愛羽と付き合い、代わりに伊吹の秘書として一生勤め上げる――伊吹が耕介に持ちかけた、そんなハーレム計画。迷いながらも耕介は、その提案に乗ることにする。そして耕介は愛羽に気持ちを伝えるが、急に別れたという二人を怪しく思い、愛羽は告白を信じてはくれず……? 疑似恋愛から始まった恋の物語は、どんな結末を迎えるのか――。ビッチ×オタクの学園ラブコメ、感動のフィナーレ!


耕介は伊吹と別れて愛羽と付き合い、代わりに伊吹の秘書として一生勤め上げる――伊吹が耕介に持ちかけた、そんなハーレム計画。
迷いながらも耕介は、二人のどちらかを不幸にしないで済むその提案に乗ることにする。
そして耕介は愛羽に気持ちを伝えるが、急に別れたという二人を怪しく思い、愛羽は告白を信じてはくれない。
想いが本当であることを信じてもらうため、愛羽の母親に頼んで、彼女との同棲を認めてもらう耕介。
はじめは戸惑う愛羽だったが、同棲の中で耕介の真摯な様子を見て、次第にその態度を変えていく。
疑似恋愛から始まった恋の物語は、どんな結末を迎えるのか――。
ビッチ×オタクの学園ラブコメ、感動のフィナーレ!

僕の文芸部にビッチがいるなんてありえない。10

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る