DEAR BOYS ACT4(1)

著:八神 ひろき
定価 : 本体450円(税別)

廃部寸前の瑞穂高校バスケ部に突如転校してきたのは、バスケの名門・天童寺高校の元キャプテン・哀川和彦。哀川の実力と熱意で、バスケ部の活動を再開することを決意した藤原、三浦、石井、土橋。瑞穂バスケ部の全国に向けた挑戦が始まった! シリーズ累計4500万部突破の国民的バスケ漫画『DEAR BOYS』。新シリーズ『ACT4』の
舞台は、瑞穂のライバルにして神奈川県ナンバーワンと名高い名門・湘南大相模バスケ部。時は流れ、3年生になったエース・布施歩は全国制覇に向けて、再び動き出した!!


神奈川県ナンバーワンと名高い名門・湘南大相模高校バスケットボール部。インターハイ神奈川県予選・決勝リーグを勝ち進むも、本戦3回戦で宿敵・瑞穂高校に敗れてしまう。時は流れ、3年生になったエース・布施歩は新たなチーム作りに向け、動きだそうとしていた。現れた2人の1年生がもたらすものは、チームの“変革”か? 湘南大相模バスケ部の全国に向けた挑戦が始まる!!

DEAR BOYS ACT4(1)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る