いつも月夜に米の飯(3)

著:小森 江莉
定価 : 本体610円(税別)

設計士として着実に成長するカナコだが、尊敬する先輩・神城が独立してしまい、不安がぬぐえない。初めての一人現場で発生した「工期」のトラブルを、カナコは収められるのか!?優秀な人間ほど、真面目な人間ほど、仕事を詰め込み、自分の限界を超えてしまう現代社会。それは、現場の職人も、カナコも、そして神城すらも例外ではなく…。「働き方改革」「ブラック労働」「過労問題」などに鋭く切り込む第3巻!

いつも月夜に米の飯(3)

書店によって取り扱いがない場合もございますので、あらかじめご了承ください。電子書籍での価格は紙の本と異なる場合がありますので、詳しくは各電子書店でご覧ください。

オンライン書店で見る