キャラクター紹介

宝田日和(たからだひより)
南国・煌之島で暮らす女子高生。バンビの飼い主でもある。幼い頃、おじいちゃんと横 綱・大盛一号の試合ぶりに感化されて闘牛好きに。強気な性格で負けることが大嫌い。闘牛以外のことにはほとんど興味がない。
猛烈バンビ(もうれつばんび)
子牛のときに日和に買われ、闘牛として訓練され育てられた。基本的に気が弱いが、ここぞというときには根性を見せる・・・・はず。負けたら日和に売り飛ばされるという不安を抱えつつ試合に挑む!
宝龍(ほうりゅう)
おじいちゃんが飼っているベテラン闘牛。沖縄で活躍したが煌之島では未勝利。バンビの兄貴分。
おじいちゃん
日和のおじいちゃんで日和にバンビを買ってやった。煌之島の闘牛界では持ち牛が弱いことで有名。
宝田敏子(たからだとしこ)
日和の母親。闘牛に金を注ぎ込む日和とおじいちゃんに困りながらも、バンビを応援している。
宝田大助(たからだだいすけ)
日和の弟。日和と違って小さい頃から成績優秀で現在は島外の学校へ。闘牛にはあまり関心がない。
叶勝美(かのうかつみ)
日和の幼なじみで、大きな牧場を持つ叶家のボンボン。子供の頃からガキ大将で気が 強く、日和とは当然、そりが合わない。
天下信長(てんかのぶなが)
叶の持ち牛。実力は折り紙つきだが集中力がなく、バンビと練習試合で戦ったときには、途中で飽きて試合放棄してしまった。
基翔一(もといしょういち)
若くして財をなした白美神の飼い主。音楽のリズムにのせてトレーニングするなど独 自の手法で白美神を鍛え上げた理論派。
白美神(はくびしん)
バンビのデビュー戦の相手。珍しい白い毛の牛で、すでに1勝を上げている。鋭く伸びた角による”割り”技が得意である。
藤井さん(ふじいさん)
日和が通う高校の、闘牛研究会に所属する紅一点。男子生徒たちの憧れのマトである。
林雄太(はやしゆうた)
病気療養のため島に転校してきた日和の同級生。闘牛の様子をブログで紹介している。
大盛一号(おおもりいちごう)
煌之島闘牛界の頂点に君臨する横綱。大きな体と鋭く柔軟な攻めで、長期政権を築く。
講談社 夏電書2014|講談社の電子書籍キャンペーン 週刊少年マガジン55周年記念 東日本大震災支援プロジェクト きふよみ! 講談社新雑誌研究所|TOP|講談社コミックプラス 石ノ森章太郎デジタル大全 「水木しげる漫画大全集」刊行決定! Dモーニング

販売部数月間ランキング

 
  • check
  • Tweet
このページの上部へ