修羅の刻(1)

月刊少年マガジン
シュラノトキムツエンメイリュウガイデン
  • 電子あり
修羅の刻(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

各時代に生きた“陸奥”を描く「修羅の刻」シリーズ始動! ――関ヶ原の合戦から十年余。この時代にも、修羅の業(わざ)をつかう男がいた。その名は――陸奥八雲(むつ・やくも)! 宮本武蔵(みやもと・むさし)が吼え、剣が唸り、血しぶきが舞い、稲妻が走る! 陸奥圓明流(むつえんめいりゅう)外伝、時代劇となって、見参!

製品情報

製品名 修羅の刻(1)
著者名 著:川原正敏
発売日 1990年02月13日
価格 定価 : 本体438円(税別)
ISBN 978-4-06-302293-3
判型 新書
ページ数 222ページ
電子版製品名 修羅の刻
シリーズ 講談社コミックス月刊マガジン

著者紹介

著:川原正敏(カワハラマサトシ)

8月17日生まれ。広島県三原市出身。1985年、『パラダイス学園』でデビュー、代表作に『修羅の門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。

オンライン書店で見る