海賊とよばれた男(1)

イブニング
カイゾクトヨバレタオトコ
作画:須本 壮一 原作:百田 尚樹
  • 電子あり
  • 映像化
海賊とよばれた男(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和20年8月15日、日本敗戦。それは、石油会社「国岡商店」が何もかも失った日でもあった。莫大な借金だけが残り、もはや再生不可能と全社員が覚悟する中、店主・国岡鐡三は「愚痴をやめよ」と発し、会社再生、そして日本再建にとりかかることを表明する。一人の馘首もせずに再生の道を模索する鐵三だったが、売る油は一滴もない。前途は絶望的であった。2013年本屋大賞受賞作『海賊とよばれた男』待望のコミカライズ!!

製品情報

製品名 海賊とよばれた男(1)
著者名 作画:須本 壮一 原作:百田 尚樹
発売日 2014年06月23日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-354521-0
判型 B6
電子版製品名 海賊とよばれた男
シリーズ イブニングKC
初出 『イブニング』2014年6号~11号

著者紹介

作画:須本 壮一(スモト ソウイチ)

1980年第19回『週刊少年サンデー』新人コミック大賞佳作でデビュー。代表作に北朝鮮拉致問題扱った『奪還』『めぐみ』があり、また戦記物『夢幻の軍艦大和』では、戦艦や戦闘機のリアルな描写が話題に。百田尚樹氏原作『永遠の0』では作画を担当。また執筆の傍ら子ども達の笑顔を支援する漫画化のNPO団体ビースマイルプロジェクトの代表理事も務める。

原作:百田 尚樹(ヒャクタ ナオキ)

1956年大阪生まれ。同志社大学中退。
2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。
『ボックス!』(同)、『風の中のマリア』(講談社)、『モンスター』(幻冬舎文庫)、『「黄金のバンダム」を破った男』(PHP文芸文庫)、『影法師』『錨を上げよ』(以上講談社)など著者多数。
『海賊とよばれた男』で、2013年「本屋大賞」を受賞する。

オンライン書店で見る