浜村渚の計算ノート(7)

月刊少年シリウス
ハマムラナギサノケイサンノート7
漫画:モトエ 恵介 原作:青柳 碧人 キャラクター原案:桐野 壱
  • 電子あり
浜村渚の計算ノート(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恋する女性たちが集うIT系ベンチャー企業の女社長が失踪。オフィスには「黒い三角定規」のカードが残されていたため武藤刑事が事情聴取に向かうと、失踪直前、女社長からオフィスのスタッフ全員に謎のメールが送られていた。親友のセチから恋の三角関係についての相談を受けていた渚は、そこからメールの内容が三角関数の暗号になっていることに気づく。サインコサインで事件も恋の悩みも解決しちゃう、数学ミステリ最新刊!

目次

  • 7巻収録内容
  • Question9:「アイシテルの正弦」その1
  • Question9:「アイシテルの正弦」その2
  • Question9:「アイシテルの正弦」その3
  • Question10:「モンキィ・ホール・クイズショウ」その1

製品情報

製品名 浜村渚の計算ノート(7)
著者名 漫画:モトエ 恵介 原作:青柳 碧人 キャラクター原案:桐野 壱
発売日 2016年01月08日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-376597-7
判型 B6
電子版製品名 浜村渚の計算ノート(7)
シリーズ シリウスKC
初出 『月刊少年シリウス』2015年9月号~12月号

著者紹介

漫画:モトエ 恵介(モトエ ケイスケ)

モトエ恵介(もとえ・けいすけ)
漫画家。愛知県出身。
2007年、第8回シリウス新人賞佳作受賞。著書に『お嬢様は武道会で踊る』(講談社 シリウスKC)がある。

原作:青柳 碧人(アオヤギ アイト)

青柳碧人(あおやぎ・あいと)
小説家。千葉県出身。
『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。著書は、浜村渚シリーズの他に『朧月市役所妖怪課』シリーズ(角川文庫)『ブタカン!』シリーズ(新潮文庫nex)『彩菊あやかし算法帖』(実業之日本社)ほか多数。また、オリジナル漫画原作に『放課後ミンコフスキー』(漫画:帯屋ミドリ ヤンマガKC)『利根川りりかの実験室』(漫画:長谷垣なるみ KCx)がある。

キャラクター原案:桐野 壱(キリノ ハジメ)

桐野壱(きりの・はじめ)
イラストレーター。
『浜村渚の計算ノート』のカバーイラスト・挿絵を講談社birth版時代より担当。

オンライン書店で見る