僕はビートルズ(8)

モーニング
ボクハビートルズ
  • 電子あり
僕はビートルズ(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前代未聞の後楽園コンサートに向け歩みを進める「ファブ・フォー」だが、彼らの活躍を妬んだ蛭田によりギターのショウが誘拐されてしまう。誘拐犯のひとり、熊野からの電話によってショウの居場所を知った所属事務所社長のマキは助けに向かうが、金銭からコンサートの妨害に目的を変えた蛭田は、ショウの指を切り落とそうとしていた。その時、謎の老人が現れる。その正体とは?

目次

  • STAGE63 世界を照らす光
  • STAGE64 夢のリハーサル
  • STAGE65 生まれ変わっても
  • STAGE66 成功の果実
  • STAGE67 扉の向こう
  • STAGE68 パスポート
  • STAGE69 孤独
  • STAGE70 旅立つために
  • STAGE71 GS(グループサウンズ)

製品情報

製品名 僕はビートルズ(8)
著者名 漫画:かわぐち かいじ 原作:藤井 哲夫
発売日 2012年01月23日
価格 定価 : 本体543円(税別)
ISBN 978-4-06-387079-4
判型 B6
電子版製品名 僕はビートルズ(8)
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2011年32号~40号、42号

著者紹介

漫画:かわぐち かいじ(カワグチ カイジ)

1948年、広島県尾道市生まれ。68年「ヤングコミック」誌にて『夜が明けたら』でデビュー。『はっぽうやぶれ』『プロ』『ハード&ルーズ』などヒット作多数。
87年『アクター』、90年『沈黙の艦隊』、そして02年に『ジパング』で講談社漫画賞受賞。

現在、小学館「ビッグコミック」誌上にて『兵馬の旗』(協力/惠谷治)も連載中。

原作:藤井 哲夫(フジイ テツオ)

初めて応募した漫画原作『僕はビートルズ』で、第25回MANGA OPEN大賞受賞。原作での受賞はMANGA OPEN史上初めての快挙だった。

選考時から同作を絶賛していたかわぐちかいじ氏作画により、同作で原作者デビュー。会社勤めをこなしながら、多忙な毎日を過ごしている。

オンライン書店で見る