げんしけん 二代目の九(18)

アフタヌーン
ゲンシケンニダイメノキュウ18
  • 電子あり
げんしけん 二代目の九(18)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

班目が笹原の妹・恵子の部屋から逃げ帰ったころ、波戸と矢島は漫画制作に励んでいた。二人はそれぞれの思いを込めて描き上げるが、荻上や吉武が読んだ後の反応に波戸の心は揺れる。そして、朽木の卒業が近づいたということで現視研卒業旅行が計画された。現役部員だけでなく班目も参加して、波乱の卒業旅行が始まる! 毎度おなじみ、単行本でしか読めない各話のその後を描いた4コマなど、描き下ろしのおまけページも大量に収録!

製品情報

製品名 げんしけん 二代目の九(18)
著者名 著:木尾士目
発売日 2015年06月23日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-388061-8
判型 B6
電子版製品名 げんしけん(18)
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2014年11月号~2015年3月号

著者紹介

著:木尾士目(キオシモク)

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

オンライン書店で見る