マンガ日本の歴史(42)

石ノ森章太郎デジタル大全
マンガニホンノレキシ
  • 電子のみ
マンガ日本の歴史(42)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

開国の動揺から世の中は混乱を極め、幕府の権威は失墜。「桜田門外の変」以降に尊王攘夷運動が活発化する中で、国の未来を案じて変革を求めた西郷隆盛・高杉晋作・木戸孝允・坂本龍馬らが、倒幕への士気を高めていた。そして最後の将軍・徳川慶喜の大政奉還により新時代へ!【目次内容】序章 桜田門外の変/第一章 公武合体と尊王攘夷/第二章 草莽の志士たち/第三章 尊王攘夷から倒幕へ/第四章 大政奉還とええじゃないか

目次

  • 序章 桜田門外の変
  • 第一章 公武合体と尊王攘夷
  • 第二章 草莽の志士たち
  • 第三章 尊王攘夷から倒幕へ
  • 第四章 大政奉還とええじゃないか
  • 作者覚え描き42
  • 参考文献
  • 関係略年表

製品情報

製品名 マンガ日本の歴史(42)
著者名 著:石ノ森章太郎
ISBN 978-4-06-420872-5

オンライン書店で見る