マンガ日本の歴史(44)

石ノ森章太郎デジタル大全
マンガニホンノレキシ
  • 電子のみ
マンガ日本の歴史(44)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「維新の三傑」木戸孝允・西郷隆盛・大久保利通が相次いで世を去り、真の近代化を目指し板垣退助・伊藤博文らが次代を担っていく。士族の反乱として噴出した反政府運動は民衆を巻き込んだ民権運動へと変化し、そのエネルギーが政治を突き動かす! しかし憲法発布・国会開設には課題が山積みだった。【目次内容】第一章 維新三傑時代の終焉/第二章 地方民権と私擬憲法/第三章 激化する民権運動/第四章 大日本帝国憲法

目次

  • 第一章 維新三傑時代の終焉
  • 第二章 地方民権と私擬憲法
  • 第三章 激化する民権運動
  • 第四章 大日本帝国憲法
  • 参考文献
  • 関係略年表

製品情報

製品名 マンガ日本の歴史(44)
著者名 著:石ノ森章太郎
ISBN 978-4-06-420874-9

オンライン書店で見る