沙流譚 ―漢書―

石ノ森章太郎デジタル大全
サルタンカンショ
  • 電子のみ
沙流譚 ―漢書―
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時は古代中国戦国末期。秦が巨大な力を持ちはじめ、諸国統一に動き始めたころ。劉家に生まれた男の子・邦と蘆家に生まれた・綰。幼いころからともに成長してきたふたりは、為すべきことを見つけに旅に出る。道中に出会った任侠の親分・王陵のもとに身を寄せ、秦の都・咸陽へ夫役として徴用される。その地ですれ違うひとりの少年。彼こそが、後世、覇権をかけて戦う項羽であった!! 古代中国史を石ノ森独自の視点で描く!!

目次

  • 第一部
  • 降龍の章
  • (一)誕生のこと
  • (二)龍顔の少年のこと
  • (三)旅立ちのこと
  • 蒼龍の章
  • (一)任侠の日々のこと(その一、酒と女と…)
  •    任侠の日々のこと(その二、人と人と…)
  • (二)役人になるのこと
  • 飛龍の章

製品情報

製品名 沙流譚 ―漢書―
著者名 著:石ノ森章太郎
ISBN 978-4-06-420903-6

オンライン書店で見る