マンガ日本の歴史(47)

石ノ森章太郎デジタル大全
マンガニホンノレキシ
  • 電子のみ
マンガ日本の歴史(47)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

縄文前期~中期にかけ東日本で人口が急増。産地から遠く500km離れたムラで人の手によるモノ(黒曜石など)が発掘されるなど、人々の移動も驚異的な拡がりを見せた。中期縄文人の活力を反映し、地方色豊かに発達した火焔土器。当時の食事情、精神生活、社会の繁栄とは?【目次内容】序章 縄文人の豊かな生活/第一章 大型住居の出現/第二章 北陸・中部地方の繁栄/第三章 東北・関東地方の繁栄/第四章 縄文人の精神世界

目次

  • 序章 縄文人の豊かな生活
  • 第一章 大型住居の出現
  • 第二章 北陸・中部地方の繁栄
  • 第三章 東北・関東地方の繁栄
  • 第四章 縄文人の精神世界
  • 参考文献
  • 関係略年表

製品情報

製品名 マンガ日本の歴史(47)
著者名 著:石ノ森章太郎
ISBN 978-4-06-420913-5

オンライン書店で見る