地獄の家(上)

講談社漫画文庫
ジゴクノイエ
  • 電子あり
地獄の家(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

怪物俳優のおそるべきファミリードラマ。 映画界のカリスマ俳優・北晴郎。いつでも晴郎を意識して暮らしている息子・享一と隣人の俳優一家は、彼に振り回され、家族関係は地獄の様相となる!


強烈な個性の怪物俳優・北晴郎。――崇拝、憧憬、嫌悪、反発。息子・享一や、隣の名門俳優一家・星山の面々は、晴郎に呪縛され、本性を暴かれ、彼らは地獄の様と化すのだった! 天才女流監督・怜子のもと、享一主演、星山一家共演の映画が撮られる。だが怜子は、役者の人格を破壊し屈伏させるのだ! 晴郎は、家族らが廃人と化そうと、あくまでも我が道を突き進む! 誰も晴郎から目が離せない!!

目次

  • カオスから
  • ニンフのとき
  • タブーへ
  • 薊と荊と
  • エゴの森に
  • 籠の中のエロス
  • 蒼空のテロリスト
  • 逆鱗の間
  • 戻れない回廊
  • ペントハウスからの飛翔
  • 恥辱の地下1階
  • 君臨のヒール
  • 舞い上がる舞
  • 奈落の純愛

製品情報

製品名 地獄の家(上)
著者名 著:王 欣太
発売日 2001年05月11日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-260982-1
判型 A6
ページ数 628ページ
シリーズ 講談社漫画文庫
初出 『アフタヌーン』1992年4月号~1993年5月号

著者紹介

著:王 欣太(キング ゴンタ)

KING GONTA。大阪府生まれ。1992年、アフタヌーン四季賞に応募した『HEAVEN』が四季大賞を受賞、そのまま同作品でデビュー。さらに続けて同誌で『地獄の家』を発表。
1994年、モーニングで『蒼天航路』(原案:李學仁)を連載開始。
1998年、同作品で第22回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
2005年、単行本全36巻をもって『蒼天航路』を堂々完結。
2006年、オールカラー『蒼天航路画伝』を刊行。
2007年より、活躍の舞台をインターネットへと広げ、『ファイアキング』を連載開始。ネットおよび携帯向け描き下ろし限定作品だが、2008年には単行本も出版される予定。

オンライン書店で見る