プラネテス(2)

モーニング
プラネテス
  • 電子あり
プラネテス(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

木星往還船計画始動の報せにハチマキは決意する。誰も行ったことのない遠くへ行く。未開の道を切り拓くため、持てるエネルギーの全てを費う、と。「独りで生きて独りで死ぬ。それが完成された船乗りだ」尖りをむき出しにする彼に、口を挟もうとする女がいた。デブリ回収船の同僚、田名部愛。「独りで生きて、死んで、なんで満足できるんですか。バカみたい」ハチマキはそれに抗する言葉を探したまま、搭乗員試験に臨む。

目次

  • PHASE.6 走る男
  • PHASE.7 タナベ
  • プラネテス超外伝 或いはそれこそが幸せな日々
  • PHASE.8 サキノハカという黒い花<前編>
  • PHASE.9 サキノハカという黒い花<後編>
  • PHASE.10 惑う人達
  • PHASE.11 スパシーバ

製品情報

製品名 プラネテス(2)
著者名 著:幸村 誠
発売日 2001年10月20日
価格 定価 : 本体657円(税別)
ISBN 978-4-06-328778-3
判型 B6
ページ数 252ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2000年48号、’01年7号、17号、18号、26号、39号

著者紹介

著:幸村 誠(ユキムラ マコト)

1976年5月4日生まれ。神奈川県横浜市出身。血液型:B型。『プラネテス』(モーニング掲載)でデビュー。代表作は、『プラネテス』『ヴィランド・サガ』(アフタヌーン連載中)。2002年、第33回星雲賞コミック部門賞受賞。座右の銘:「あ、一瞬待ってください、じゃ半日でもいいです」

オンライン書店で見る