天空之狗(1)

モーニング
テンクウノイヌ
天空之狗(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

637年、大きな流れ星が東から西に飛ぶ。唐の高僧は「あれは星ではなく、天津狗である」と言った。それから千年以上、現代に甦った天狗の末裔たちと、世界を統べようとするもう一つの勢力との最終戦争が勃発! その中核にいるのは、自らを天狗の子孫と知らなかった青年・狗井新平だった!


社会に災いをなす、禍霊(まがつひ)と呼ばれる邪悪な力。古来より、それと闘い続けてきた天津狗(あまつきつね)の末裔たち。21世紀の日本。青年は初めて、自らの力と使命を知る。目覚めよ。そして闘うのだ!!「日本人に古くから親しまれている天狗。これをテーマにしない手はない。天狗ものの決定版にしようと思っている!」――(永井豪)「人面疽」「嘯吹(うそぶき)」「鎌鼬(かまいたち)」編を収録。

製品情報

製品名 天空之狗(1)
著者名 著:永井 豪 著:ダイナミックプロ
発売日 2004年06月23日
価格 定価 : 本体514円(税別)
ISBN 978-4-06-328961-9
判型 B6
ページ数 232ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『別冊モーニング』’04年1号、『モーニング』’04年18号~24号

著者紹介

著:永井 豪(ナガイ ゴウ)

1945年、石川県生まれ。1967年『目明かしポリ吉』(ぼくら)でデビュー。1968年、この年連載の『ハレンチ学園』(週刊少年ジャンプ)が空前のブームとなり、社会一般にも話題となる。『デビルマン』(週刊少年マガジン)、『マジンガーZ』(週刊少年ジャンプ)連載。『凄ノ王』で第4回講談社漫画賞受賞。他の作品に『バイオレンスジャック』など多数。