誰も寝てはならぬ(16)

モーニング
ダレモネテハナラヌ
  • 電子あり
誰も寝てはならぬ(16)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イラストレーターのハルキちゃんと、デザイン事務所社長のゴロちゃん。エエ年こいた大阪男が、東京は赤坂のオフィス「寺」を舞台に、愉快な仲間たちと繰り広げるボケ&ツッコミの応酬!? どこまでも続くゆるーい空気に、アナタも身を任せてみませんか?


明日でもエエ? 猫に、恋に、野球にかまけて、仕事は二の次、三の次。デザイン事務所「オフィス寺」のおっちゃん達に学ぶ、脱力お気楽ライフ! 描き下ろしカラー口絵も4ページ収録!!

目次

  • SS317「早春つれづれ草」
  • SS318「取り繕ってみる」
  • SS319「マイナス×マイナスは大マイナス」
  • SS320「今回は注目してみる」
  • SS321「デンワの思い出」
  • SS322「ゴロちゃん猫につぶやく」
  • SS323「で、肝心なハナシ」
  • SS324「肝心なハナシ2」
  • SS325「そこん所が苦しい」
  • SS326「問題です」
  • SS327「どうにかなります」
  • SS328「未解決」
  • SS329「猫日記」
  • SS330「向いてねえ」
  • SS331「机 机 机!」
  • SS332「油断について更なる考察」
  • SS333「バ~ラが咲いた♪ かっ」
  • SS334「バイト模様」
  • SS335「観光カフェ」
  • SS336「ヤマネコ、ヤマネコ」
  • SS337「オフィス『寺』の“解消法”」

製品情報

製品名 誰も寝てはならぬ(16)
著者名 著:サラ イネス
発売日 2011年11月22日
価格 定価 : 本体543円(税別)
ISBN 978-4-06-337734-7
判型 A5
ページ数 132ページ
シリーズ ワイドKC
初出 『モーニング』2011年9号~13号、15号~31号

著者紹介

著:サラ イネス(サラ イネス)

1989年、モーニングパーティー増刊に掲載された『水玉生活』でデビュー。当時のペンネームはサラ・イイネスだった。
その後、モーニングにて『大阪豆ゴハン』、『誰も寝てはならぬ』とショートの連載を続け、モーニングには欠かせぬ存在に。「モーニングの顔」ならぬ「モーニングの小顔」にはなってるか。
現在モーニングで『セケンノハテマデ』を連載中。
発売中の単行本は『大阪豆ゴハン』(電子版のみ)、『誰も寝てはならぬ』、『猫も寝てはならぬ』がある。

オンライン書店で見る