彼岸島(13)

ヤングマガジン
ヒガンジマ
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島(13)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

そこは我々吸血鬼も恐れて近づかん禁断の場所だ不死の雅を倒すため旧帝国陸軍が開発した501ワクチン。明は、その秘薬に一縷の望みを託し魑魅魍魎蠢く研究所跡へと向かう。さあ……臆することなく闇への扉を開け!

目次

  • 本音
  • 濡れた二人
  • 女狩り
  • 本土にて
  • 合流
  • 炭鉱
  • 地下に巣くう者
  • 目玉
  • 冷たい身体

製品情報

製品名 彼岸島(13)
著者名 著:松本 光司
発売日 2005年12月04日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-361395-7
判型 B6
ページ数 210ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』’05年第27号~第36・37合併号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

オンライン書店で見る