彼岸島(17)

ヤングマガジン
ヒガンジマ
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島(17)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「これは吸血鬼と人間の存亡をかけた戦いなんだ」。明と篤、2人の兄弟は死を賭して刃を交える。お互い守るべき仲間がいるからこそ、避けて通るわけにはいかない。兄の選択した武器は薙刀。最強武装した兄を前に明の秘めた能力(ちから)が開花する。

目次

  • 詰問
  • 百穴村
  • 兄貴の居場所
  • 灯篭
  • 道場
  • 薙刀
  • 二刀流
  • 道場の外
  • 五位
  • 明の力
  • 雨の中

製品情報

製品名 彼岸島(17)
著者名 著:松本 光司
発売日 2006年10月06日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-361480-0
判型 B6
ページ数 226ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』’06年第21・22合併号~第31号、第34号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

オンライン書店で見る