破道の門(4)

ヤングマガジン
ハドウノモン
破道の門(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魂揺さぶる最強の新・ヤクザ漫画スタート!!!
藤沢ケンジ・17歳は夕張を捨てヤクザになるために札幌にきた。そこで四代目極門組の破門ヤクザ・九条英治と運命的な出会いを果たす。そして極門組では暴力団対策法をかわすために”偽装破門”が行われていた────。
「俺を破門してください!!」
入門と同時に破門されたケンジ。
九条は言う。
「男は、破門されてからが本物の極道だ────」
まったく新しい熱き男の新・極道叙事詩が始まる!!


平成20年夏。藤沢ケンジは、四代目極門組・通称“破門組”の部屋住みとして多忙な日々を送る。そんなとき、「九条のアニキはいるか‥?」と、“彫和京”と名乗る彫師が連絡してきた。極道の天才・九条英治の背中の龍を仕上げる約束の刻がきたという。だが、彫和京のスタジオを訪れるとある人物が消えていた───。先代彫和京が彫った“最後の龍”を巡り、男たちが火花を散らし戦争が始まる───。

製品情報

製品名 破道の門(4)
著者名 著:東元 俊也
発売日 2009年09月04日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-361821-1
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2009年第22・23合併号~第32号

著者紹介

著:東元 俊也(ヒガシモト トシヤ)

北海道出身の漫画家。『破道の門』全10巻。