破道の門(7)

ヤングマガジン
ハドウノモン
破道の門(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魂揺さぶる最強の新・ヤクザ漫画スタート!!!
藤沢ケンジ・17歳は夕張を捨てヤクザになるために札幌にきた。そこで四代目極門組の破門ヤクザ・九条英治と運命的な出会いを果たす。そして極門組では暴力団対策法をかわすために”偽装破門”が行われていた────。
「俺を破門してください!!」
入門と同時に破門されたケンジ。
九条は言う。
「男は、破門されてからが本物の極道だ────」
まったく新しい熱き男の新・極道叙事詩が始まる!!


消えた5億の覚醒剤をめぐり、抗争は激化。藤沢ケンジは“郁美”というデリヘル嬢に惚れ、そこなしの蟻地獄に陥っていく――――。破門組も九条英冶と虎島薫の対立が起きるが、そんななか、組長である伊藤文夫はある決意を固める。そして、極道社会で最も重要な義理事、“代目継承盃”が行われようとしていた――――――。第4シリーズ「覚醒剤堕落編」快調!!!新時代の最強ヤクザ叙事詩、第7巻!!!

製品情報

製品名 破道の門(7)
著者名 著:東元 俊也
発売日 2010年05月06日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-361891-4
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2010年第2号~第12号

著者紹介

著:東元 俊也(ヒガシモト トシヤ)

北海道出身の漫画家。『破道の門』全10巻。