彼岸島(32)

ヤングマガジン
ヒガンジマ
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島(32)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本全土が吸血鬼の島となるのだ 吸血鬼サバイバルホラー「こんな所で俺はまだ死ねない」要塞寺を見下ろす五重の塔の最上階で雅と死闘を演じる明。仲間たちの声援に後押しされ、ついに宿敵を追いつめる。人類の希望をのせた一撃は果たして!?

目次

  • 亡者の頭
  • 現実
  • 破壊
  • 命乞い
  • 慈悲
  • 接近
  • 注入

製品情報

製品名 彼岸島(32)
著者名 著:松本 光司
発売日 2010年09月06日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-361927-0
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2010年第12号~第17号、第19号~第21・22合併号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

オンライン書店で見る