チェーザレ 破壊の創造者(3)

モーニング
チェーザレハカイノソウゾウシャ
  • 電子あり
チェーザレ 破壊の創造者(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代政治学の祖、マキァヴェッリ登場。死期が迫る教皇。次期選挙に向け謀略を練る枢機卿達。ピサではまた1人、策士がチェーザレに近付く。彼の名はニッコロ・マキァヴェッリ。この2人の出会いは運命か、それとも宿命か。

目次

  • Virtu15 水面下
  • Virtu16 衝突
  • Virtu17 ミノタウロス
  • Virtu18 異文化
  • Virtu19 喝采
  • Virtu20 新天地
  • Virtu21 認められざる者
  • Virtu22 陰翳
  • Virtu23 交錯
  • Virtu24 背信

製品情報

製品名 チェーザレ 破壊の創造者(3)
著者名 著:惣領 冬実
発売日 2007年04月23日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-372287-1
判型 B6
ページ数 236ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『モーニング』’06年48号~53号、’07年2・3合併号、4・5合併号、19号、20号

著者紹介

著:惣領 冬実(ソウリョウ フユミ)

1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
 そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html

オンライン書店で見る