暁星記(8) <完>

モーニング
ギョウセイキ
  • 電子あり
暁星記(8) <完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地球人による環境改造(テラ・フォーミング)から1万年……科学文明の記憶は失われ、かつて「金星」と呼ばれた惑星は、遺伝子操作によって生まれた巨大生物がうごめく緑の魔境と化した。スズシロ村の若者・ヒルコは、初恋の女の行方を追ううち、いつしかこの世界の秘密に迫っていく──。


地球人による環境改造から1万年。かつて金星と呼ばれた星は、巨大生物がうごめく緑の魔境となった。世界の秘密に迫る獅子猛者・ヒルコと仲間たちを、かつてない大変動が襲う。すべてを見つめ続ける存在「精霊」とは何なのか? 破壊神と化した“写し身の巨人”……惑星改良用ロボットを止めるため、ヒルコは「指向性超低周波ナイフ」の刃を向けたーー。

目次

  • 第7部 果てなき旅 第1話 迷走
  • 第7部 果てなき旅 第2話 暴走
  • 第7部 果てなき旅 第3話 同調する魂
  • 第7部 果てなき旅 第4話 果てなき旅

製品情報

製品名 暁星記(8) <完>
著者名 著:菅原 雅雪
発売日 2008年10月23日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-372747-0
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ モーニング KC
初出 書き下ろし

著者紹介

著:菅原 雅雪(スガワラ マサユキ)

北海道愛別町出身。1961年生まれ。91年、『ホームレンジ』で四季賞に準入選。94年、『春ゆく鳥』(モーニング)でデビュー。93~96年、『牛のおっぱい』(モーニング)を連載。99年より『暁星記』の連載をモーニングでスタートさせる。他の作品に『タロのいちんち』『蕗(フキ)のお便り』がある。

オンライン書店で見る