西遊妖猿伝 西域篇(1)

モーニング・ツー
サイユウヨウエンデンサイイキヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 西域篇(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

唐の時代の中国。
孤独な少年・孫悟空は妖怪「無支奇」に見込まれ、虐げられた民衆の怒りや恨みに触れると、意識が飛んで常人離れした戦闘力が発動するようになる。 殺戮を繰り返す呪われた運命を変えるため、奇縁によって結ばれた旅の僧・玄奘に従い、悟空ははるか天竺を目指す! 
だが、次々と現れる妖人や怪現象が彼らの行く手を阻むのだった……
 
「西遊記」に大胆なアレンジを加えた手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞の大伝奇活劇、日本漫画界待望の第二部!!


世に西遊記漫画は数多あれど、最もユニークなるはこの一篇! フィクションと、唐の時代の史実を絡ませた伝奇冒険大活劇にして、おなじみ孫悟空や猪八戒も妖怪でなく人間という設定。ただし怪物・妖人・奇現象もてんこ盛りで登場いたします。11年ぶりに始まったこの第二部からお読みいただいても、まったく問題ございません! 第1巻は「流沙河の章」を完全収録。流砂の魔境で悟空や三蔵法師を苦しめる、仮面の男の謎の質問とは

目次

  • 流沙河の章
  • 第1回 校尉 意気に感じて客を通し 悟空 唐僧を追って烽を破る 
  • 第2回 第四烽に悟空 僧を尋ね 第五烽に玄奘 ひとを誤る
  • 第3回 護法 磧中に唐僧を励まし 二弟 沙上に竜骨を見る
  • 第4回 竜橋を渡りて 廃院に達し 空塔に昇りて 異人に遭う
  • 第5回 玄奘 窟院に護法を知り 八戒 地底に財貨を得る
  • 第6回 流砂を脱して二僧 死を逃れ 死者を倒して行者 水を得る
  • 第7回 猪八戒 ふたたび泉に財を貪り 孫大聖 怒りて竜橋を砕く
  • 第8回 黄婆 名を得て正道に帰し 金木土 揃いて聖僧に従う

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 西域篇(1)
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2009年06月23日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-372808-8
判型 B6
ページ数 264ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2008年47号、49号、51号、2009年1号、4・5合併号、7号、9号、11号

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

オンライン書店で見る