西遊妖猿伝 西域篇(2)

モーニング・ツー
サイユウヨウエンデンサイイキヘン
  • 電子あり
西遊妖猿伝 西域篇(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新たに旅の仲間に加わった沙悟浄の案内で、伊吾の国を目指す玄奘一行。だが一夜の宿を借りた地主の家で、血みどろの殺人事件に巻き込まれる。事件の周囲には、人ならぬものの気配が濃密に漂っていた…。羊頭の怪物群やソグド人騎兵隊を相手に、またも孫悟空の金箍棒(きんこぼう)が唸る! いよいよ波瀾万丈なエキゾチック・アドベンチャー!!

目次

  • 粟特城の章
  • 第9回 流沙河を去りて 伊吾に至り 胡宅に宿を借りて 復た妖を見る
  • 第10回 牧童 羊を求めて妖を連れ帰り 悟空 棒を振りてひとたび怪を打つ
  • 第11回 草原に妖を索めて童女に遭い 牧地に骨を見てふたたび怪を打つ
  • 第12回 童女 羊に跨りて大聖を嘲い 悟空 山腹に日の昇るを待つ
  • 第13回 胡兵 馬を連ねて悟空を襲い 単騎 虚を突きて強箭を射る
  • 第14回 玄奘 疑いを受けて?主に会い 大聖 火を退けて結界を破る
  • 第15回 悟空 争いを避けて市場を走り 二童 体を繋ぎて屍魔を捜す

製品情報

製品名 西遊妖猿伝 西域篇(2)
著者名 著:諸星 大二郎
発売日 2010年06月23日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-372901-6
判型 B6
ページ数 256ページ
シリーズ モーニング KC
初出 『モーニング』2009年44号、46号、48号、50号、52号、2010年2・3合併号、6号、8号、10号、12号

著者紹介

著:諸星 大二郎(モロホシ ダイジロウ)

東京都出身。1949年生まれ。70年、「COM」掲載の『ジュン子・恐喝』でデビュー。74年、『生物都市』が第7回手塚賞に入選。ホラー、SF、歴史物、ファンタ ジー、ギャグなど描く作品の幅は広く、独自の作風は多くの漫画家やクリエーターに影響を与え続けている。『稗田礼二郎(妖怪ハンター)シリーズ』『暗黒神話』『マッドメン』『栞と紙魚子シリーズ』など代表作は多数。92年に『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回日本漫画家協会賞優秀賞を、2000年に『西遊妖猿伝』で第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著作には小説(『キョウコのキョウは恐怖の恐』『蜘蛛の糸は必ず切れる』)もある。

オンライン書店で見る