彼岸島 48日後…(1)

ヤングマガジン
ヒガンジマヨンジュウハチニチゴ1
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島 48日後…(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『彼岸島』『彼岸島 最後の47日間』につづく、シリーズ第3弾!
雅によって吸血鬼ウィルスがまかれ、日本が血に飢えた化け物の国と
なってしまった。生き残った人たちは、いつ襲って来るかわからない
吸血鬼に怯え、暮らしていた。そんな中、人間たちの間である男の噂が流れる。
「吸血鬼どもを斬りまくるとてつもなく強い男がいる」と‥‥。
果たして人間たちに吸血鬼どもを駆逐する逆襲の一手があるのか!?
新たな戦いが今、始まる!!


【『彼岸島』シリーズ第3弾】彼岸島で繰り広げられた吸血鬼との戦いに敗れた人間軍。雅の計画を阻止できず、日本は吸血鬼の国となってしまった。 それから半年後、廃墟と化した日本で一人、吸血鬼と戦う隻腕の男がいた! その男の名は、宮本明。彼岸島で地獄を味わった戦士。

目次

  • コンビニ
  • 右手
  • 義手
  • 包囲
  • ショッピングモール
  • ボールプール
  • 美少年

製品情報

製品名 彼岸島 48日後…(1)
著者名 著:松本 光司
発売日 2014年12月05日
価格 定価 : 本体565円(税別)
ISBN 978-4-06-382545-9
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2014年第38号~第44号、第46号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

オンライン書店で見る