チェーザレ 破壊の創造者(8)

モーニング
チェーザレハカイノソウゾウシャ
  • 電子あり
チェーザレ 破壊の創造者(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

年が明けて、1492年。チェーザレは本国スペインの歴史的勝利、レコンキスタの終結を祝うため、花の都フィレンツェへと向かう。だが真の目的は、ロレンツォ・デ・メディチと、彼の弟殺害の容疑者ラファエーレ・リアーリオとの同盟を成立させること。メディチ家を襲った悲劇から14年。かつての因縁が選ぶのは新たな平和か、混迷か? ルネッサンス史上最大のミステリー、パッツィ家の陰謀事件の真実を描き出す。

目次

  • Virtu62 1492年
  • Virtu63 星の下で
  • Virtu64 フィレンツェ
  • Virtu65 フィレンツェ2
  • Virtu66 遭遇
  • Virtu67 ニュクス―夜の女神―
  • Virtu68 パッツィ家の陰謀
  • Virtu69 闇に潜む者
  • Virtu70 掌の中
  • Virtu71 祝祭

製品情報

製品名 チェーザレ 破壊の創造者(8)
著者名 著:惣領 冬実
発売日 2010年10月22日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-375987-7
判型 B6
ページ数 236ページ
シリーズ KCデラックス
初出 『モーニング』2010年26号~31号、40号~43号

著者紹介

著:惣領 冬実(ソウリョウ フユミ)

1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。
82年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、「別冊少女コミック」(小学館)にてデビュー。『おなじくらい愛』(85)で初連載を開始する。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表し、卓越した画力で描かれた美しい登場人物たちとドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』、『ボーイフレンド』、『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。
2002年には青年誌である「モーニング」にてSF作品『ES ーEternal Sabbathー』を連載。他人の脳に入り込み、情報を改ざんできる能力を持つ遺伝操作で生まれた青年を描き、新境地を拓いた。
 そして現在、「モーニング」にて、ルネッサンス期に活躍したイタリアの英雄、チェーザレ・ボルジアを描く『チェーザレ 破壊の創造者』を連載。新鋭ダンテ学者の原基晶を監修者に迎え、最も信憑性の高いとされているサチェルドーテ版のチェーザレ・ボルジア伝(本邦未訳)をはじめ、膨大な資料を精緻し生み出された全く新しいチェーザレ像や、当時の絵画を参考に、その美麗な線によって忠実に再現されたイタリアの街並みなどが話題を呼び、漫画としての面白さはもちろん、権威ある歴史学者からの評価も高い。


著者公式サイト「惣領冬実@web」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kotama/index2.html

オンライン書店で見る