彼岸島 最後の47日間(14)

ヤングマガジン
ヒガンジマサイゴノヨンジュウナナニチカン
  • 電子あり
  • 映像化
彼岸島 最後の47日間(14)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

断崖絶壁の奇妙な岩場に連れて行かれた明。この地獄から抜け出す事は不可能に思えたが、亮介と再会した事で一筋の光が射す。明は雅の野望を喰い止めるため、再び奴のもとへ歩みだす。

目次

  • 鉄の盾
  • 合流
  • 廊下
  • 鉄扇
  • 攻防
  • 出口
  • 椿
  • 門の前
  • 食事

製品情報

製品名 彼岸島 最後の47日間(14)
著者名 著:松本 光司
発売日 2014年03月06日
価格 定価 : 本体562円(税別)
ISBN 978-4-06-382431-5
判型 B6
ページ数 224ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2013年第48号~第50号、第52号、2014年第1号~第8号、第10号

著者紹介

著:松本 光司(マツモト コウジ)

1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。

オンライン書店で見る