七匹の侍(3) <完>

ヤングマガジン
ナナヒキノサムライ
  • 電子あり
七匹の侍(3) <完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸時代後期。生まれ故郷を捨て、浮き世のしがらみを捨て、賭博やそれに準ずる喧嘩ごとなどで日々の糧を得る“渡世人”と呼ばれるならず者たちが、この日本にはいた―――!!


前衛時代劇、ここに完結!!さてさて残す首は、あと四つ。真昼間でも暗闇に包まれる亜里巣島は、流人が只、死んでいくだけの姥捨て島。島の主は、愛した女人を黄泉返らせる咲無仁という化け物と化した“朧夜の兎壱”。お紺は十五夜に生贄となる運命の“蛍”を救おうとするが‥‥!?怒涛の“島”編、“蛍”編を完全収録。時代劇の常識に 斬る、ユー!!

目次

  • 恐怖を我がものとせよ
  • 恋しぐれ、乱れ桜
  • 蓮とお鷹
  • 極印の娘
  • 六重太
  • 小さなもの
  • この雨はいつ降りやむの
  • 胡瓜の味

製品情報

製品名 七匹の侍(3) <完>
著者名 著:鈴木 マサカズ
発売日 2011年09月06日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-382074-4
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ ヤンマガKCスペシャル
初出 『ヤングマガジン』2011年25号~34号

著者紹介

著:鈴木 マサカズ(スズキ マサカズ)

1973年の5月8日生まれ。静岡県出身。牡牛座のB型。
大学在学中に、「スピリッツ増刊21」にて『DIAL Q』でデビュー。 以後『サルぽんち』『ブルードッグ・ブルース』『無頼侍 -ぶらざむらい-』等の連載(すべてコミックビーム)を経て、『ラッキーマイン』にて自身初の週刊連載となる。


http://suzukimasakazu.com/
鈴木マサカズ公式サイト「SUZUKI MASAKAZU on WEB」

オンライン書店で見る