この彼女はフィクションです。(4) <完>

週刊少年マガジン
コノカノジョハフィクションデス
  • 電子あり
この彼女はフィクションです。(4) <完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

葉村裕里には、10年間続けている「秘密の趣味」がある。それは、オリジナルキャラクター『ミチル』を創作すること。現実の女の子に恋をした裕里は、その趣味を捨て去る決心をするが、その時、目の前に現れたのは‥‥!? 展開予測不能の極限恋物語開幕!!


現実化してしまった、もう一人の創作の少女『アム』。キュートなルックスだが中身は凶暴な彼女のたくらみは!? さらに物語は加速する。究極の結末が訪れようとする中、最後にユーリが選んだ答えとは‥‥!? 理想と現実の狭間で翻弄される、展開予測不能の極限恋物語、衝撃と感動の最終巻!!

目次

  • アムのたくらみ
  • マッチ一本の選択
  • 楠アムの再審査
  • 青い空、青い海、黒歴史
  • 僕のいた町
  • 『彼女』の笑顔
  • セカイ系な『彼女』
  • さよならの時間
  • 恋心
  • 『この彼女はフィクションです。』
  • おまけ

製品情報

製品名 この彼女はフィクションです。(4) <完>
著者名 著:渡辺 静
発売日 2011年11月17日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-384590-7
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『週刊少年マガジン』2011年第35号~第45号

著者紹介

著:渡辺 静(ワタナベ シズム)

出身:愛媛県、血液型:B型、デビュー:『学舎オーバードライヴ』(マガジンSPECIAL 2004年No.7)、受賞歴:第72回新人漫画賞・入選受賞、作品:『イロコイ』(マガジンSPECIAL 2005年No.2~No.6) 、KC『CHIMES』1~3巻(以下続刊)。

オンライン書店で見る