刻刻(7)

モーニング・ツー
コッコク
  • 電子あり
  • 映像化
刻刻(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本石の破壊――自らを犠牲にする樹里の“選択”は、止界(しかい)での戦いの様相を、大きく変えた。佑河家側に寝返った潮見は、これまでの確執を解消すべく、自分の知る佐河について語る。そして明かされる、佐河の“真の目的”――。佐河との戦いを、未だ回避する方法を探る樹里に、潮見はまた、無情な現実を突き付けた。一方、神ノ離忍(カヌリニ)を操る能力を手に入れた真は、貴文と飛野と共に、佐河の行方を追うが――!?

目次

  • 第四十八刻
  • 第四十九刻
  • 第五十刻
  • 第五十一刻
  • 第五十二刻
  • 第五十三刻
  • 第五十四刻
  • 第五十五刻
  • 第五十六刻
  • 第五十七刻

製品情報

製品名 刻刻(7)
著者名 著:堀尾 省太
発売日 2013年11月22日
価格 定価 : 本体714円(税別)
ISBN 978-4-06-387249-1
判型 B6
ページ数 232ページ
シリーズ モーニング KC
初出 モーニング増刊『月刊モーニングtwo』2013年3月号~12月号

著者紹介

著:堀尾 省太(ホリオ セイタ)

広島県生まれ。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事。『刻刻』が初の連載デビュー作。

オンライン書店で見る