惡の華(10)

別冊少年マガジン
アクノハナ
  • 電子あり
惡の華(10)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

危篤の祖父を見舞うため、3年半ぶりに故郷へ戻ってきた春日。しかし、夏祭りの事件以来、初めて姿を現した春日を親類たちは疎む。決して戻らない人間関係を感じつつ、祖父の葬儀に参加する春日の前に、かつての級友・木下が現れる。過去の自分に決着をつけるため、木下と話すことを決めた春日。そこで、未だ過去に囚われ続ける木下は、春日に問う。「仲村が今いるところ、聞きたい?」

目次

  • 愛する者の死骸が包まれている
  • 君は知るか、懊悩を?
  • 僕はまだ忘れずにいる
  • そなたの瞳の光には
  • 君は気づいているか

製品情報

製品名 惡の華(10)
著者名 著:押見 修造
発売日 2014年01月09日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-394993-3
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『別冊少年マガジン』2013年9月号~2014年1月号

著者紹介

著:押見 修造(オシミ シュウゾウ)

★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を開始し、大好評連載中。

オンライン書店で見る