どうぶつの国(14)<完>

別冊少年マガジン
ドウブツノクニ
  • 電子あり
どうぶつの国(14)<完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

バベルの塔内部に残っているキメラ達をその体に吸収し、全ての生物を滅ぼすという目的に向かって再び動き出したギラー。一方のタロウザは、塔の最上階へと駆け上がり、全ての動物の鳴き声を統一する装置「ガイア・スパイナル」を起動させていた! ‥‥タロウザが、この星全ての動物に語りかける! 感動の最終巻!!

目次

  • Word.50 ギラーセカンド
  • Word.51 ガイア・スパイナル
  • Word.52 タロウザの旅
  • 最終話 どうぶつの国

製品情報

製品名 どうぶつの国(14)<完>
著者名 著:雷句 誠
発売日 2014年03月07日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-395018-2
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『別冊少年マガジン』2013年12月号、2014年1月号~3月号

著者紹介

著:雷句 誠(ライク マコト)

著者/雷句誠(らいく まこと) 岐阜県出身。1991年「BIRDMAN」でデビュー。その後、短編読み切りなどの掲載を経て、2001年から週刊少年サンデー(小学館)で『金色のガッシュ!!』を連載、大ヒットとなる。同作で第48回小学館漫画賞を受賞、2003~2006年まで『金色のガッシュベル!!』名でTVアニメが放映される。現在、別冊少年マガジンにて、新しいヒーローマンガ『どうぶつの国』を連載中。この『どうぶつの国』で第37回講談社漫画賞(児童部門/2013年度)を受賞。

オンライン書店で見る