聲の形(4)

週刊少年マガジン
コエノカタチ
  • 電子あり
聲の形(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。/耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」


伝わらなかった硝子の告白。ニブすぎて、伝わらなかったくせに硝子との距離を縮めたい将也。意を決して、みんなで行く遊園地に硝子を誘う! 思いがけない旧友との再会。明らかになる硝子と結絃の、出生の秘密。自分のことを好きになれないふたりの未来は‥‥。

目次

  • 変化
  • 気のせい
  • 似たもの同士
  • 嫌い
  • 返信
  • ばーちゃん
  • 支え
  • 手紙
  • ガムシロ
  • 番外編 姉妹

製品情報

製品名 聲の形(4)
著者名 著:大今 良時
発売日 2014年06月17日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-395111-0
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『週刊少年マガジン』2014年第10号~第18号

お知らせ・ニュース

オンライン書店で見る