惡の華(11)<完>

別冊少年マガジン
アクノハナ
  • 電子あり
  • 映像化
惡の華(11)<完>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

常磐と生きていくため、仲村に会いに行くと決めた春日。海沿いの町で穏やかに暮らす仲村と、春日は3年半ぶりの再会を果たす。夏祭りの日、あの瞬間まで春日は信じていた。仲村と二人“クソムシの海”から抜け出すのだと‥‥。それは、ずっと春日の心を過去に縛り付けていた疑問。かつて二人で見た夕焼けと同じ空の下、春日はあの時、自分を突き飛ばした理由を仲村に問いかけるが‥‥!?

目次

  • 海が果たして寛容で親切だかを知るがため
  • 金色の夕ぐれに
  • 時すぎてのち
  • 僕らは願う者なのだ
  • われらが心を占めるのは

製品情報

製品名 惡の華(11)<完>
著者名 著:押見 修造
発売日 2014年06月09日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-395116-5
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『別冊少年マガジン』2014年2月号~6月号

著者紹介

著:押見 修造(オシミ シュウゾウ)

★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を連載。

オンライン書店で見る