穴殺人(6)

アナサツジン6
著:裸村
  • 電子あり
  • 映像化
穴殺人(6)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隣に住んでいる人は、少しエッチで、清楚で、料理上手な、ごく普通の人でした。ただひとつ残念なことに、彼女は猟奇殺人犯でした。ネット界の巨人から何度も削除され、糾弾され続けた、禁断の人気作。マンガボックス最多読者の支持を得て、ついに単行本化!


大好きな彼女を、殺してあげたんです。「繋がりを断つことで永遠の愛になる」って、彼女が教えてくれたから。だけど、一人残された僕は、どうやって生きていけばいいんでしょうか。やっぱり、僕が殺されるべきだったんでしょうか。君のいない残りの人生に、いったい何の意味があるんだろう。宮市さん…。君に、会いたい。

目次

  • 裁判
  • 出所
  • 就職
  • 泥酔
  • ざわめく感情
  • 迷惑好意
  • 特殊清掃
  • 答えはいつも穴の中
  • 宮市莉央の幻影
  • 放浪の末…
  • 無いはずの名前
  • 訃報ところにより悲報のち朗報
  • 記憶に必要なもの
  • すれ違う思い
  • 目覚め
  • かさぶた
  • 2年半ぶりの疼き

製品情報

製品名 穴殺人(6)
著者名 著:裸村
発売日 2016年02月09日
価格 定価 : 本体429円(税別)
ISBN 978-4-06-395634-4
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社コミックス
初出 『マンガボックス』2015年第38号~第51号、第53号~2016年第2号

著者紹介

オンライン書店で見る