もっけ(8)

アフタヌーン
モッケ
  • 電子あり
もっけ(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妖怪が見える姉・静流と、憑かれやすい妹・瑞生。『もっけ』はこんな姉妹の成
長物語でありながら、同時に妖怪現象を通じて民俗学を現代視点から捉え直す意
欲的な試みでもあります。可愛らしくも、閑かに染み渡る優しいストーリー。妖
怪研究家の荒俣宏氏や多田克己氏も絶賛! 単行本には、おまけページとして妖
怪の解説も収録されています。



妖怪を見る力を持った姉・静流と、妖怪に憑かれやすい妹・瑞生。地元の十学校に進学した瑞生は、心身ともに少しずつ成長したことで、憑かれても祖父に頼らずとも対処できる場面も増えていく。一方で、全寮制の女子高に入学した静流は、その力を友人に打ち明けたことで、かえって人間関係に亀裂を生じさせてしまう……。悩み落ち込む静流を救ったのは、今までは姉に頼るばかりだったはずの瑞生だった。

目次

  • #40 カゲトリ
  • #41 モノミゴイ
  • #42 カクレザトウ
  • #43 ノブスマ
  • #44 アクガレ
  • 豆もっけ

製品情報

製品名 もっけ(8)
著者名 著:熊倉 隆敏
発売日 2008年08月22日
価格 定価 : 本体505円(税別)
ISBN 978-4-06-314521-2
判型 B6
ページ数 200ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2007年11月号、2008年1月号、3月号、5月号、7月号

著者紹介

著:熊倉 隆敏(クマクラ タカトシ)

1974年、栃木県生まれ。漫画家。1996年アフタヌーン四季賞秋のコンテスト入賞。2000年、アフタヌーンシーズン増刊に掲載された妖怪漫画『もっけ』でデビュー。『もっけ』は、2003年3月号から掲載誌を月刊アフタヌーンに移し、現在も隔月で好評連載中。2007年には『もっけ』がTVアニメ化されている。

オンライン書店で見る