からん(1)

アフタヌーン
カラン
  • 電子あり
からん(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

叙情的なデビュー作『神戸在住』、バイオレンスなギャグ漫画『巨娘』。ジャンルは違えど血肉の通った群像劇を描き、高い評価を得た木村紺。その3作目となる本作で描く題材は「女子柔道」! 一癖も二癖もある登場人物達がおりなすドラマはもちろん、「勝つ」こと「負ける」こと、そして「強くなる」ということ。「真剣勝負」に挑む少女達の世界を真っ向勝負で描ききる、今、最も熱く血をたぎらせる柔道漫画です!!


京都の名門お嬢様女子高・私立望月女学院に入学した高瀬雅は、入学式で印象的な少女に出会った。少女の名は九条京。口数少なく、孤独の陰を背負った京に、雅はひかれる。中学では柔道に打ちこみ、京都府2位の実力の雅は、当初から入部予定だった柔道部に京を誘った。初めて柔道を見る京。彼女は今までに感じたことのない高鳴りを覚える。「柔道をやってみたい!」。雅と京、二人の柔道に懸ける日々が始まった!!

目次

  • 第0話
  • 第1話
  • コラム “からん”の中の京都 「京津線」
  • 第2話
  • 第3話
  • からん こぼれ話 袖釣り込み腰
  • 第4話

製品情報

製品名 からん(1)
著者名 著:木村 紺
発売日 2008年10月23日
価格 定価 : 本体543円(税別)
ISBN 978-4-06-314535-9
判型 B6
ページ数 204ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2008年5月号~9月号

著者紹介

著:木村 紺(キムラ コン)

1997年、アフタヌーン四季賞冬のコンテストで四季賞を受賞しデビュー。翌年より「月刊アフタヌーン」にて受賞作『神戸在住』を連載開始。同作品は2002年に第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞した。その他の代表作として『巨娘』がある。現在、「アフタヌーン」で『からん』を連載中。

オンライン書店で見る