水域(上)

アフタヌーン
スイイキ
  • 電子あり
水域(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『蟲師』を経て漆原友紀が放つ最新作、上巻・下巻そろって
登場。雑誌掲載時のカラーはカラーで収録! 同時発売の愛蔵版は通常のKCよりもひとまわり大きいA5判、
専用ケース付属です。もちろんカバーイラストは愛蔵版だけ
の描き下ろし。細部にまでこだわった仕様で、作品世界が
より奥深く広がります!


日照り続きで、給水制限中の街。酷暑にあてられて意識を失った川村千波は、豊かな水にあふれる村で、少年と老人に出会う夢を見る。祖母に夢の話を聞かせた千波は、意外な言葉を聞く。「それ……ばあちゃんの昔の家じゃないかねぇ」また行きたい──そう願った千波が目を覚ましたのは、夢だと思っていたあの村。そして再会した少年・スミオから、この村では雨が降り止まないことを知らされる。

目次

  • 「遡上」
  • 「水郷」
  • 「細波」
  • 「河童」
  • 「浸水」
  • 「蛍」

製品情報

製品名 水域(上)
著者名 著:漆原 友紀
発売日 2011年01月21日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-310724-1
判型 B6
ページ数 250ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『月刊アフタヌーン』2010年1月号~6月号

オンライン書店で見る