天地明察(1)

アフタヌーン
テンチメイサツ
漫画・漫画原作:槇 えびし 原作:冲方 丁
  • 電子あり
天地明察(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕府の碁打ち、渋川春海(二代目安井算哲)は、碁の名門四家の一員でありながら真剣勝負の許されないお城碁の現状に飽きており、趣味の算術や天文観測に没頭する始末。そんな時、算術絵馬が多数奉納されているという神社に出かけた春海は、全ての問題を一瞥のみで解いていった若い武士の存在に衝撃を受ける。その武士の名は「関」。春海の退屈な日常はこの日を境に大きく変わることになる……!

目次

  • 第一幕
  • 第二幕
  • 第三幕
  • 第四幕

製品情報

製品名 天地明察(1)
著者名 漫画・漫画原作:槇 えびし 原作:冲方 丁
発売日 2011年09月23日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-310778-4
判型 B6
ページ数 212ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2011年6月号~9月号

著者紹介

漫画・漫画原作:槇 えびし(マキ エビシ)

挿画、短編漫画などを経て、現在は漫画連載を主に活動。端麗風雅な絵柄で人気上昇中。主な連載作品は『天地明察』(原作 冲方丁) 『朱黒の仁』など。

原作:冲方 丁(ウブカタ トウ)

1977年2月14日生まれ。1996年、『黒い季節』(角川書店)でデビュー。その後『マルドゥック・スクランブル』(日本SF大賞受賞)『シュピーゲル』シリーズ『シュヴァリエ』『蒼穹のファフナー』『ヒロイックエイジ』『カルドセプト』など、全メディアの枠を軽々と越え、創作の場を拡大する「文芸革命児」!!!  『天地明察』は初の時代小説。

オンライン書店で見る