EDEN(11)

アフタヌーン
エデン
  • 電子あり
EDEN(11)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

正体不明の硬質化ウイルスにより、人類は世界人口の15%を失った。20年後、人 類は欧米主導によって発足した原父連邦政府の元で復興を始めたが、南北の経済格差 はさらに拡大した。南米最大の麻薬組織を率いるエンノイア・バラードは世界的なネ ットワークを形成し連邦政府と抗争を展開する。

目次

  • 「待ち伏せ」
  • 「Traces」
  • 「Aleetheia(アレテイア)」
  • 「Welcome to Sydney」
  • 「Confluence」
  • 「Extinction」
  • 「踏査」
  • 「転送」

製品情報

製品名 EDEN(11)
著者名 著:遠藤 浩輝
発売日 2004年07月23日
価格 定価 : 本体514円(税別)
ISBN 978-4-06-314349-2
判型 B6
ページ数 232ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2003年11月号~2004年6月号

著者紹介

著:遠藤 浩輝(エンドウ ヒロキ)

1970年、秋田県生まれ。大学在学中の1995年、『カラスと少女とヤクザ』がアフタヌーン四季賞秋のコンテストで四季賞に入賞し、デビュー。続く冬のコンテストで『きっとかわいい女の子だから』で四季大賞を受賞。その後読み切り作品『プラットホーム』『神様なんて信じていない僕らのために』を経て、1997年より同誌にてSF長編『EDEN』の連載を開始。2008年現在まで10年を超える長期連載となる。

オンライン書店で見る