ナチュン(3)

アフタヌーン
ナチュン
  • 電子あり
ナチュン(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不幸な事故により大脳の左半分を失った天才的数学者デュラム教授。彼は突如イルカの生態研究に転進……。沖縄海岸SF。


胡散臭いデンカのもとで漁に出たテルナリ。だがアクシデントで深い海底に独り取り残されたところを、謎の組織に拉致されてしまう。慌てて捜索に乗り出すデンカたち。そこに同じくテルナリの行方を追う、キナくさい外国人の男女二人組が現れた――。

目次

  • 第14話 深海追い込み漁
  • 会長VS.ゲン①
  • 第15話 海の底より
  • 会長VS.ゲン②
  • 第16話 失踪
  • 第17話 光成をさがせ
  • オバア烈伝1 人に歴史あり
  • 第18話 アンダーワールド
  • オバア烈伝2 人に歴史あり
  • 第19話 血筋

製品情報

製品名 ナチュン(3)
著者名 著:都留 泰作
発売日 2008年02月22日
価格 定価 : 本体533円(税別)
ISBN 978-4-06-314489-5
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ アフタヌーンKC
初出 『アフタヌーン』2007年8月号~2008年1月号

著者紹介

著:都留 泰作(ツル ダイサク)

文化人類学者。漫画家。アフリカ熱帯森林の狩猟採集民を対象にした文化人類学的フ ィールド研究を行っている。2003年「アフタヌーン」にて四季賞佳作を受賞。2006年より同誌で『ナチュン』を連載中。『ナチュン』は、著者の沖縄でのフィールドワークの経験を基にしたSF作品である。現役の学者でありながら漫画家であるという異色の存在として、一般誌のみならず学術誌など、多くのメディアの注目を集めている。

オンライン書店で見る