ツレビト(2)

ツレビト
ツレビト(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“連人=ツレビト”それは天使も死に神も存在しない、生と死がわずかに交差する“間(はざま)”の世界で彷 徨う魂を“死”の世界へ通じる門へ連れて行く「導き手」。想いを残したまま“死”の門をくぐれなかった魂が “間”の世界に留まり続けるための方法、それが“連人”。だが一定期間以内に誰かを“門”まで送り続けなければ、心を無くしただ漂うだけの存在“バケビト”に成り果ててしまう。交通事故で命を落とした少女・摩子は恋 人になったばかりの幼馴染みの隼人のそばにいたいという想いから“連人”となるが‥‥。


そしておんなのこは「ツレビト」になりました。だれもしらないとおいくにで。死を受け入れ、死の導き手「連人(ツレビト)」となる道を選んだ少女――摩子。しかし生に執着すればするほどに彼女の体は“死の色(くろ)”に染まっていく。さまよう魂に救いはあるか?

製品情報

製品名 ツレビト(2)
著者名 著:吉富 昭仁
発売日 2007年12月21日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-349323-8
判型 B6
ページ数 180ページ
シリーズ マガジンZKC
初出 『マガジンZ』2007年7月号~12月号