ヘルプマン!(20)

イブニング
ヘルプマン
  • 電子あり
ヘルプマン!(20)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間の尊厳に介入する禁断の制度に鋭くメスを入れた本作。2000年、介護保険制度と並び産声を上げたもう一つの制度『成年後見制度』。この制度は利用する老人本人以上に、見守る側の倫理観が問われる。認知症の独居老人は、どこまで尊厳ある生活を営めるのか? ひとりの老婆を通じ見えてくる、介護関係者、独居老人の家族、そして地域の関わりを描いた3部作ついにクライマックス!!

目次

  • 逆効果
  • 法律家
  • 再来
  • 人助け
  • 別世界
  • 出口
  • 人権

製品情報

製品名 ヘルプマン!(20)
著者名 著:くさか 里樹
発売日 2012年03月23日
価格 定価 : 本体555円(税別)
ISBN 978-4-06-352403-1
判型 B6
ページ数 208ページ
シリーズ イブニングKC
初出 『イブニング』2011年21号~24号、2012年1号~4号

著者紹介

著:くさか 里樹(クサカ リキ)

本名:佐藤広子、生年月日:1958年6月9日。高知県高岡郡日高村出身。高知県立高知追手前高等学校卒業。高知市内の授産施設に勤務した後、1980年別冊少女コミック(小学館)にて、『ひとつちがいのさしすせそ』でデビュー。現在イブニングで『ヘルプマン!』連載中。

オンライン書店で見る